DANCE

(B-BOYING a.k.a ブレイクダンス)

1989年高校一年生の頃、このB-BOYING(ブレイクダンス)というものを始めました。
僕の今のライフスタイルの基盤ともなる”オリジナル” や ”アドリブ” といったスタイルも、このダンスを通じて出会いました。

1994年頃から積極的に海外のイベントや大会にも参加し、1996年には単身カナダに移住し、伝説のチーム Bag Of Trixのメンバーとして活動。

帰国後も、地味に色んな大会で優勝・入賞を果たし、地味に一度は引退を決意。
当時、日本で最も大きかったバトルイベントB-BOY PARK1999でひっそりと復活し、全国から集まる強豪を倒して優勝する。

2000年の第一回 BATTLE OF THE YEAR JAPANで優勝を収め日本代表に。
ドイツで行われた世界大会では準優勝を果たすと共に、最も優秀なSHOWをしたチームに贈られるBEST SHOWも同時受賞。

その後、再び渡米し、ヒューストンで行われているB-BOY CITYに日本人として初参加し、BEST4に。その後、全米で1,2を争うチームHAVIKOROのメンバーとなり活動する。
当時、アメリカの3大イベントの一つであったPRO-AMの5ON5では優勝を果たす。 SHOW&PROVEのCREWバトルで優勝。 B-BOY CITY 優勝。 FREESTYLE SESSION BEST4という成績を収め、日本へ帰国。

(千葉のバトル名不明)2ON2優勝。2003年の”3度の飯よりBreakin”というバトルイベントで二連覇を達成すると同時にダンスに見切りをつけてキッパリ引退。

その後、ジャッジを一年間くらい引き受けた時期がありましたが、某バトルイベントで海外ゲストに対し、いきなり一回戦で負け判定を出したら、彼らからコールアウトされバトルをするハメになりました。まぁ、やるからにはとことんやったわけですが、引退してから既に半年経っていたわけで、満身創痍の死にそうな状態でした。

まぁ、何が言いたいかというと・・・バトルに勝とうが、負けようが、ジャッジしてコールアウトされようが、この自由度が高いブレイキングというジャンルのダンスはめちゃめちゃ楽しいって事です。

引退後、起業したり、一輪車やったり、旅したり、一眼レフカメラや動画編集にもハマったりしたわけですが、全てにおいてブレイキングから培ったものが大きいですね。

所属チーム
早稲田ブレイカーズ(日本)
HAVIKORO(アメリカ)
BAG OF TRIX(カナダ)

古い映像しかありませんが、僕のダンスです↓